ジュニアユースサッカーフェスタ2016 in カンボジア開催!

2016年8月22日から27日まで、カンボジアにて「ジュニアユースサッカーフェスタ 2016 in カンボジア」を開催し、成功裏に終わりました。

この大会は、スポーツフォートゥモローの認定事業として実施しました。

スポーツフォートゥモローは、日本政府が2014年から2020年までの7年間で開発途上国を始めとする100カ国以上・1000万人以上を対象に、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業です。

 

カンボジア国内のサッカークラブの中から、16歳以下のサッカーチーム、男子4チームと女子4チームを招待し、サッカー大会を開催しました。試合方法は、リーグ戦方式で行いました。大会初日には、全てのチーム及び個人参加も含め参加者全員にサッカー講習会を行い、また25日には10歳から12歳までの子どもたちにサッカー指導を実施しました。さらに、随時、各チームや個人に対しても個別にサッカークリニックを行いました。

外部からの協力者として、吹田市のサッカー協会の指導者や神戸学院大学やプール学院大学、常葉大学の学生がサッカー指導を実施しました。また、神戸学院大学のボランティアグループであるVAF(カンボジア支援)に、大会の運営の一部を担ってもらいました。

 

サッカー大会参加者の反響としては、女子の部で優勝したNERCの選手たちの中には「サッカーをしていてよかった。これで、いつも女性がサッカーをすることに対して怒っている親も応援してくれるかもしれない。」と言っている子もいました。

サッカー教室に参加した子どもは「サッカーをちゃんと教えてもらったのはじめて、楽しい。」と喜んでいました。

カンダール州教育省からは「カンダール州のためのサッカー大会を開催してもらい感謝している。これからも実施してほしい。」との要望がありました。

%e3%83%ad%e3%82%b4

本事業は、国際交流基金アジアセンターの助成を受けて開催しました。

 

 

study tour 報告2016年春

2016年2月21日から27日までカンボジアスタディツアーを実施しました。
今回の参加者は神戸学院大学1回生、2回生、4回生の4名、神戸学院大学アメフト部GMの甲斐さん、コーディネーターの明日香さんです。
NERCの活動サイトで、カンボジア人スタッフと交流したり、子どもたちとサッカーをしたり、子どもたちに夢を描いてもらったり、一緒に貼り絵をしたりしてきました。そしてレディフォーでみなさんにご協力いただいたサッカーユニフォームとシューズを寄贈してきました。同じくレディフォーでご協力いただいたクルクメールのみなさんとも交流してきました。

また、アンコールワットやトンレサップ湖の水上村、ツールスレン博物館/キリングフィールドに研修に行き、カンボジアの様々な面を知ることができました。

Study Tour報告 2015年夏

2015年8月10日から18日までカンボジアスタディツアーを実施しました。
今回の参加者は。「ぬいぐるみ」の作者のTakuさん(東京より)、神戸学院大学2回生、3回生、4回生の3名、コーディネートの鈴木さんとそのちびっ子ちゃんたちです。
NERCの活動サイトで、カンボジア人スタッフと交流したり、子どもたちとサッカーをしたり、図書館整備を手伝ったり、子どもたちと音楽やゲームをしたりしてきました。また、石川さんが、自分で作成したオリジナル絵本を現地の子どもたちに寄贈されました。さらに、カンボジアの歴史を学ぶためツールスレン博物館/キリングフィールドに研修に行き、カンボジアの悲惨な過去を知ることができました。